ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設方法を初心者向けに解説

仮想通貨

国内でトップクラスの人気がある仮想通貨取引所ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設方法を解説します。

画面にしたがって進めていけば、登録は簡単です。

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設する時に用意するもの

  1. メールアドレス
    Gmailなど無料で取得できるメールアドレスでも登録できます。
  2. 本人確認書類
    運転免許証・マイナンバーカード・パスポートなど写真つきの証明書が必要。
  3. 銀行口座
    銀行口座を登録することでビットフライヤー(bitFlyer)での入金および出金ができるようになります。

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設の手順

それでは、必要な書類等が準備できたら口座開設をしていきましょう。

メールアドレスの登録

ビットフライヤー(bitFlyer)の公式ページにアクセス。

下の方にある「無料アカウント作成」に登録するメールアドレスを入力しましょう。

その後、登録したメールアドレスあてに確認メールが届きます。

メール内にある確認用URLをタップしましょう。

パスワードの設定

すると、パスワードの設定画面に移ります。

9文字以上で、お好きなパスワードを設定しましょう。

小文字や大文字など2種類以上、組み合わせる必要があるので注意してください。

忘れないようにパスワードはメモしておきます。

パスワードの入力が終わったら「次へ」をタップ。

つづいて、パスワード確認画面になるので、もう一度、同じパスワードを入力します。

入力が終わったら、「次へ」をタップ。

これで、パスワードの設定が終わります。

表示されている確認書類をチェックしてチェックを入れましょう。

すべてチェックが終わったら「同意する」をタップ。

二段階認証

大切な仮想通貨を守るために、さらにセキュリティを強化します。

そのために、「はじめる」をタップ。

そして、二段階認証に使う確認コードを受け取る方法を選びます。

携帯電話のSMSで受け取る方法は携帯電話番号を入力するだけです。

届いた確認コードを入力。

確認コードの入力が終わったら、二段階認証が必要な項目を選びましょう。

個人情報

次に個人情報を入力していきます。

基本情報として名前や生年月日等を入力。

つづいて住所を入力しましょう。

重要事項の確認

本人情報の登録が終わったら、つぎは取引目的の確認です。

財務情報や投資経験などを選択しましょう。

本人確認書類の提出

最後に、本人確認書類を提出します。

郵送する方法もありますが、スマホがあればカメラを使って簡単に提出できるんです。

画面にしたがって、確認書類をカメラで撮影しましょう。

「ご本人確認資料の提出が完了しました」の画面が出たら、あとは待つだけです。

確認手続きが完了すると、登録したメールアドレス宛てに結果が届きます。

銀行口座の登録

入金・出金に使う銀行口座を登録しましょう。

あとは、承認確認の結果を待つだけです。

承認されると登録したメールアドレス宛てに結果が届きます。

これで入金が可能になりましたので、取引していきましょう。

まとめ

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設方法を画像を使って解説しました。

スマホを使うと郵送したり、確認書類を受け取る手間が省けて、その日のうちに仮想通貨の取引を始めることができるので、とっても便利。

コメント

タイトルとURLをコピーしました